市立ソウル障害者総合福祉センター

沿革沿革

zoom in zoom out zoom init copy content print content
2012

ガンマを通じた組織診断および研究(全職員)、センターブックギャラリオーププン、韓国初親教育指導者コース、'強い親-強い子'教育実施、江東区障害者採用エキスポ、(株)コスコムと障害者IT補助器具支援協約式、民間資格4件(感覚発達指導士、スヌーズレン専門指導士、AT&RI水中運動指導士、WATSU水中運動士)登録

2011

第1回障害理解クイズショー'ゴールデンベルを鳴らせ'開催(全国の小学生対象)、韓国初の水中心理運動専門スタッフ教育実施、第2スヌーズレン室(心理安定および感覚反応促進室)オープン、ソウル市福祉財団サービス品質経営システム認証の2次事後管理審査を通過、障碍への認識改善のためのUCC公募展開催、民間資格を二つ(Ai-Chi水中運動士、心理運動専門スタッフ)登録、 2011 保健福祉部の全国障害者福祉センター評価最優秀(A)機関選定

2010

第5代館長就任(パク・チュンソンセクンダ修道女)、ソウル市福祉財団サービスの品質経営システム認定取得機関として選定、リポーツセンターのリニューアル工事完了、延邊初言語治療室の開所を支援、国際ボイタ協会と'ボイタ共同事業合意書'交換、産学協力事業'多領域理学治療士養成過程'の進行、日本水中協会Ai-chiセンター(ADI)の韓国支部運営

2009

障害児向けリハビリ事業(治療バウチャー)のサービス提供機関として選定、屋上公園「キワマル」オープン式、ソウル市福祉財団マーケティングコンサルティングを展開、ドイツ心理運動協会認定のトランポリン国際講師を韓国初で輩出、ソウルティディムドル事業の拠点機関

2008

2008年保健福祉家族部評価の全国障害者福祉センター最優秀機関として選定、ソウル補助工学サービスセンター開所、障害認識改善UCC公募展およびDVD配布、(株)NGN後援の障害者向けPCの配布

2007

開館25周年記念「WATSUの日」、障害認識改善サイト(http://www.joau.or.kr)をオープン、開館25周年の記念式/(有)ドールコリアと姉妹縁組式、ご後援者感謝の行事を実施

2006

ガンホー!組織活性化、障碍児統合保育支援センターを運営、重度障害者のガイドヘルパーのモデル事業を運営

2005

「僕らは仲良し」(アニメ)を全国の中学校に配布、保険福祉部主催の社会福祉施設評価で障害者福祉センター部門ソウル市第1位

2004

障害児への理解を図るための「僕らは仲良し」(アニメ)を制作・配布、「ソウル障害者総合福祉センター20年史」を発刊

2003

地域社会統合祝典の「ハンウルタリ大祝典」実施タ、ソウル地区障害者福祉センタースタッフ向けの教育実施

2002

職業訓練室および生活訓練室を増築、開館20周年記念セミナおよび記念式、第4代館長就任(キム・ミョンシュンピエタスシスター)

2001

障害予防ビデオ「障害、予防できますよ」(ビデオ、パンフレット)を製作および配布、保健福祉部より「障害者福祉センター運営諮問センター」として選定(センター運営)

2000

福祉センターのCIを改訂、パニス(Panis)ベーカリーオーブン、専門スタッフ養成に向けた段階的な国際セミナの開催(感覚統合治療、水中運動、心理運動治療など)、福祉センターのホームページ(www.seoulrehab.or.kr)をオープン、全国の障害者福祉センターの運営評価で最優秀機関として選定

1999

障害児への理解を図るための「僕らは仲良し」(コミックス)を制作・配布、援助付き雇用広報ビデオ「希望チャンネル21、援助付き雇用が見える」を制作・配布、韓国初の感覚統合治療の専門スタッフ教育

1997

ソウルリポーツセンター開館(水中リハビリ運動、心理運動治療、感覚統合治療、心理安定および感覚反応促進室、生活訓練室を開設)、第3代館長就任(キム・ヨンザボスコシスター)

1996

障害児への理解を図るための「僕らの友達のカチ」(コミックス、アニメ)を制作・配布

1995

共同生活家庭を開設(3個)、重度障害者の移動を支援する「障害者の移動、こうしましょう」(ビデオ、本)の制作・配布、「リハビリ用語集」出版記念会

1993

在宅福祉奉仕センター開設、自立作業場の「成志産業」開設、障害予防ビデオ「障害予防、こうしましょう」の制作・配布

1992

職業訓練工科を廃科し「援助付き雇用」体制へ切換、開館10周年記念行事

1991

保護作業場の増築および開設

1989

障害者親向けの教育用ビデオ「お母さん、お父さん、やれるよ」を制作、第2代館長就任(ヤン・クンスンコンソラータシスター)

1988

地域に第1早期教育室を開設(C.B.R.):木洞エンマオ教室

1986

保護作業訓練場の増築および課程の開設

1984

保護作業訓練課程のテスト運用、第1回専門スタッフ教育

1982

12月17日に開館、第1代館長就任(クァク・キョンエヨハンナシスタ―)

201, Godeok-ro, Gangdong-gu, Seoul 05235 Republic of Korea Tel) +82-2-440-5700 Fax) +82-2-440-5780 COPYRIGHT © SCRC, All Rights Reserved.